これだから、夏はやめられない!Vol.3 一年に一度だけ食べられる、サワーチェリーパイ!

投稿日:
こんにちは、NYフードエキスパート、明比 玲子です。

2日続きで、グリーンマーケットの話題になってしまって、ごめんなさい。でも、今日ご紹介するサワーチェリーというのは、私がこよなく愛するチェリーで、一年のうち1ヶ月ほどしか手に入りません。


よって、サワーチェリーパイは、一年に一度しか食べられないパイと言われて、重宝がられてきました。

普通のスーパーでは売っていないため、グリーンマーケットか、限られたグルメストアー(先日ご紹介したEli'sには、売っています)でのみ、見つけることができます。

これも、地球温暖化の証拠でしょうか?数年前までは、July 4thの日にパイを作ろうと思って、サワーチェリーを探しに行くと、年によっては、グリーンマーケットに出ていない年があったぐらい、7月の第一週目に出てくるのが普通でした。

ところが、3年ほど前ぐらいから、6月の下旬でも手に入るようになりはじめ、なんと、今年は、6月の1週目にグリーンマーケットに出ていました。でも、まだまだ実が小さ目で、少し待つことにして、やっと昨日買いました。

幸いなことに、このチェリーは冷凍保存できるため、種を抜いて、砂糖を少し入れて冷凍保存します。そうすると、真冬でフルーツの種類が少なくなる時にでも、美味しいサワーチェリーパイが楽しめます。

缶詰や、瓶詰めも売っていますが、やっぱり自分で種を抜いて砂糖の量が加減して冷凍した物とでは、まったく物が違います。

今日のサワーチェリーは、とても綺麗だったため、思い切って、大きいバスケットのを6箱買い、4つの瓶を冷凍保存、あとは、パイを作りました。


いつも、ハーゲンダッツのバニラビーン アイスクリームと合わせて食べます。チェリーの酸味とよく合い、何とも言えない味になります。

それでも、まだ冷蔵庫に残っていますが、この時を知っている友人から、毎年それとなーく催促がくるので、残りは友人のためにパイをいくつか作ります。

数年前に気がついたのですが、結局、一番実がきれいなチェリーが手に入るのは、一週間ほどしかないため、「今日のは綺麗!」と思った日には、かなりたくさん買います。

冷凍もできるぐらい丈夫な実なので、冷蔵庫で保存すれば、1週間ほどは大丈夫なので、毎週新しいチェリーを買うより、この方が綺麗で美味しいチェリーが手元に残ります。


よって、7月は毎週末、サワーチェリーパイを楽しみます。ちょっと飽きそうなのですが、このパイは、不思議と食べるたびに「おいしーい!」と思ってしまう味なのです。(ごめんなさい、食べてみないとわからないですよね)

おそらく、普通の甘いだけのアメリカンチェリーに比べて、酸味があり、パイなどに向いているからだと思います。

実は、このサワーチェリー、日本にもあるらしいですが、個人が木を持っているため、市場には出回らないみたい。でも、アメリカでも、知っている人って、あんまりいないんですよね。

「知ってる、知ってる」と言って、私のパイを食べて、「こんなの食べたことない」って感激してます。

どうも、普通のチェリーの熟れる前で、だからサワー(酸っぱい)と思っている人が多いのですが、そうではありません。

万一、サワーチェリーに巡り会える機会があったら、迷わず買って、パイを作ってみて下さい。一生忘れられないパイになると思います。

ちょっと大げさだったかもしれませんが、私にとって、サワーチェリーの出回る7月は。重要な月です。(笑)

それでは、また。